70年代ファッション

今年の70年代のファッションがトレンドらしいですよ。

70年代っと言ったら、クラシカルな雰囲気ですよね。
古着屋さんで売っているようなレトロテイストな感じかな。
アクセサリーもちょっと大振りなものとか。

ひょっとして?と思い、物持ちがいい母のクローゼットを空けてみたら、なんかいい感じの服がでてきました。
まさに70年代に買っている服だと思うんですが、ワンピースやスカートは今でも通用しそうな可愛さです。

ただちょっと残念なのが、丈が長めなのが野暮ったく感じます。
でも、補正に出しても1000円もかからないと思うから、ちょっと短めにカットしてロングブーツを履けば
いい感じになりそうです。

今年は母の服をリメイクして活用してみようかな。

服を選んで思ったのですが、自分が着たいと思える服と、他人から見て似合う服は別なんですよね。
私はどちらかと言えばパステルカラーの服を好きです。

でも、他人からは原色系の派手な服とかどう?とか勧められます。
自分がおとなしいからですかね?

でも、おとなしい人が原色なんか着たら服に埋もれてしまう気がして。
その人は自分じゃなく、服を見たいんですよね。

自分をメインと考えるべきか、服がメインと考えるべきか。
もちろん服と個性が合っているのが一番いいと思います。

そのあたりの模索はずっと続くのかな・・・?

ついついセールしていたので

年齢も年齢のせいなのか、いつからか私はレッド系のリップばかり集める様になってしまいました。それまでは青みピンクや淡いベージュピンクのリップばかり買っていました。ですが、ある時突然、これまで使っていたピンク系のリップを付けてみると、何て言うか顔色がイマイチパっと冴えないというか、どことなくくすんで見えてしまったんです。

以前職場の女性の先輩から、女は年齢を重ねれば重ねる程、レッド系等の濃いリップがしっくり似合うと言っていたことを思い出したんです。物は試しだと思って、これまでレッドのリップなんて使ったことがなかった私が生まれて初めてレッドのルージュを塗ってみたのです。そしたら一瞬で大人の女性になれた気がしました。しかも、顔色がパっと冴えて生き生きとした雰囲気になれました。

濃い色のリップはお肌が白く綺麗に見せてくれる効果があるなと実感しました。そこから私はレッドリップばかり集める様になったんですね。沢山レッドリップを持っているのですが、ちょっと気になっていたポール&ジョーのリップがネットで格安で販売されていたので思わずポチってしまいました。

青みでも黄みも無い深紅と言ったリップでドンピシャでしたね。ただ、ポール&ジョーはケースが別売りで予算の関係でケースはまだ買っていません。

[小型でおしゃれなウォーターサーバー]

まったりした休日。

“今日は久しぶりに新宿で買い物をしてきました。

好きな洋服屋さんが何軒かあるから回って色々買っちゃった!

ワンピースとかスカート。他にも一杯。沢山お買い物出来たから大満足です。

最近、少し太ってきたから可愛い洋服を着るためにも頑張って痩せたいなぁと思います。ダイエット頑張ろう。

洋服買った後は本屋さんに行って文庫本を何冊か購入して、新宿の街をぶらぶらして、疲れてカフェに寄ったり久しぶりにまったりしたお休みの日を過ごしたかもです。

最近、平日は仕事して帰ってきたら疲れて寝ちゃうだけの生活だったから何かしないとなぁって悩んでで休日は出かけたり、お買いものしてリフレッシュしようって考えてたから良かったよ。

来週からはまた忙しくなっちゃうから、今日はしっかり休んでお仕事に備えようと思います。

とりあえず早く帰って買った本読もう。今月は読書月間ってひそかに決めてるからね。

5冊は絶対読みます。一杯読んで色んなこと吸収したいですね。

ブーツを出してみた

最近めっきり冷えてきたので、去年買ったブーツを履いてみました!

冬の終わりのセールで買っておいたものですが、色といい、デザインといい、めっちゃめちゃ気に入ったものです。

ブルーでレースアップのショートブーツなんてあまりないので、一目ボレ状態でした。

去年は買ったあとすぐに暖かくなって、一度も履いていないのですよね。

ブルーのセーターと革パンのコーデの仕上げに履いてみると、なかなかキマっているではないですか!
ウェッジヒールも安定感があっていいカンジです。

出かけるのは夕方だったのですが、縁起を気にする古風な私としては、午前中にブーツを履いて少し散歩に出て、おろしておきました。

こういうの気にする人って、まだいるのかな。

でも、靴は大事にするとステキな場所へ連れていってくれる、なんて迷信もあるくらいなので、まあやっておいて損はないでしょう。

単色のアイシャドウにはまってます

パレットになっているアイシャドウを使っていたけれど、中には使わない色があるんですよね。
もったいないなと感じるようになり、単色のアイシャドウを買ってみることにしました。

お店でスタッフさんに頼んで似合いそうな色を複数ピックアップ。
試しにつけてもらって、2色購入しました。
あまりメイクが得意じゃないから、パレットアイシャドウに4色以上あっても実は困っていたんですよね。
お店の人はアレンジができて便利ですよ!と言うけれど、こっちはそんな器用さはないよ!といつも思ってました。
メイク下手な私にはベースになる淡い色と、締めの濃い色の2色で十分です。

単色アイシャドウは値段が高めだけど、量が多いからコスパは良さそう。
ただ、気に入った色じゃないと持て余してしまうかも。
ブラシや鏡はついていないけれど、ブラシは別に持っているし、アイシャドウケースの小さな鏡を使ってメイクなんてしないので、問題なし。
色を買い足していく感じも楽しくて、しばらくは単色アイシャドウにはまってしまいそうです。